代理店契約書

Post by relatedRelated post

代理店契約書とは

代理店契約書とは、代理店としての契約を請け負う際に必要となる契約書です。

代理店とは、本来のお店とは違い代理で商品を売ることを目的としているお店のことです。
そのため、任された商品、サービスのみ取り扱うことができるようになっていますし、このことについては代理店契約書にも明記されています。

また、どうして代理店を必要としている業者が多いのか?というと、今では代理店に任せるような商品、サービスの販売を行っていないためです。
そのため、近年では営業の代行という見方が、代理店契約書においては強まっています。
つまり、営業を行うほどの価値がある商品ではあるが、新しくできた商品を優先したい・・・という場合に、代理店の募集を行っていることが多いというわけです。

代理店はすべての商品、サービスに対して権限があるわけではないので、請負業者とは別物です。
請負業者の場合、仕事の一部を肩代わりすることにより、契約書通りの報酬を得られる仕組みになっています。
そのため、代理店契約書を交わした代理店は、成果報酬型で報酬が発生する仕組みになっていることが多いです。

代理店契約書のメリット、デメリット

すでに案内しましたが、代理店契約書のメリットは成果報酬型で経営を行えるようになることです。

売れ筋の商品を一度は売ってみたい・・・と思っている人にとってみれば、幸いとも言える契約書かも知れません。
ですが、そのようなメリットがある反面、代理店契約書を交わせるだけの人、店であるか必ずチェックされます。
お店として活動するための資金、もしくは保証金を納められない人では、代理店契約書を交わせないことが多いでしょう。

それと、代理店契約書のメリットには有名な業者と同じ信用を得られるというメリットもあります。
ですが、言い方を変えれば有名な業者と同じだけ仕事ができる業者・・・と見られるため、技術的なところに問題があるようでは信用をすぐに失ってしまうのです。
例えば、商品ではなくサービスなどを販売する場合が該当します。
近年では、代理店でインターネット回線接続に関するものが急増していますが、どれも簡単な仕事ではありません。

営業を行いアポイントメントを獲得し、実際にお宅を訪問させてもらえる状態になってからは、どのような回線接続を希望されているのか打ち合わせしなければいけません。
さらに、定まった回線接続を担当している業者に連絡する必要もあるのです。
昔のように、代理店契約書を交わした代理店は、お店の中でお客様を待つだけで良い・・・ということが減ったのです。
なので、営業を行える人で、且つ、どのようにすれば効率良く仕事が進むのかわかっている必要もあります。