知的所有権に関する契約書

知的所有権

豊富な知的財産関連の契約書

世の中に契約書と呼ばれるものは豊富にあります。
その中でも知的財産の権利を守るために契約書を交わすこともたくさんあります。
ここでは知的財産関連の契約書に関して説明をおこなっていきたいと思います。

知的財産は個人や企業が自らの著作物などの権利を守ったり、その権利の一部を譲渡したり、権利を使用される権利を相手に与える際などに交わす契約書です。
そのため、商標や特許、著作物などを持っている場合には知的財産の契約書が必要になるということを、この機会にぜひとも覚えておいてください。
何も知らないままでは自分自身が権利を保有していても、それを無断使用されてしまったり、場合によっては自分たちが無断で他人の権利をおかしてしまうというようなこともありえますので、そのような事態にならないようにあらかじめ覚えておきましょう。

商標権や特許権関連の契約書

ロゴや名称などの商標権や特別な技術を開発した特許権などを持っている場合には、その契約書が生まれることになります。
使用を許諾する際などにはその使用をおこなう相手との間で契約書を交わしたりします。

このような契約書はそれぞれの権利を守るために重要な存在となりますし、権利から生まれる利益をきちんと守る意味でも重要な存在となりますので、どのような内容であっても必ず契約書を作成しておくべきなのです。
契約書の内容はそれぞれですが、契約書の有無は今後に大きな影響を与えますので、必ず作成しましょう。

キャラクター使用許諾契約書や出版契約書

契約書の中にはキャラクターの使用許諾契約書などもあります。
これはアニメーションやゆるキャラなどのキャラクターの絵柄やイラストなどを他の会社が使用してグッズなどを制作して販売する際に、交わすことになる契約書です。
勝手に販売すればそれは海賊版となり違法な品物となりますが、このような契約書があれば合法的な品物になるのです。

今はあらゆるキャラクターのグッズがあらゆるメーカーから販売され、様々な場所で販売されていますが、その全てにおいて個別に契約書が交わされているのです。
権利ビジネスをおこなう上で契約書の存在は欠かせないのです。

また、出版物を出した場合には、その契約書を交わすことになり、それを出版契約書と呼びます。
著者と出版社の間で交わされる契約書であって、発行部数や印税などに関して定める契約書です。
さらに、映像化される際の考え方なども契約書には記載されます。

著作権自体は著者にありますが、その販売などを巡ってルールが契約されるのです。
このような存在は本を出す際には必須となりますので、本を出す際には必ず契約書を交わして、あとからトラブル等にならないように気をつけておきましょう。