建設工事請負契約書

建設工事請負契約書とは

建設工事請負契約書とは、建設工事の請負において必要となる契約書です。

現代では、どのような仕事を請け負う際にも契約書が必須とされています。
受発注が正しいものであったのか確認するために必要であったり、もしくは法律に違反していないか確認するために必要であったりするのです。

建設工事請負契約書は、後者の法律に違反していないかのチェックで必要となります。
そのため、建設工事請負契約書は契約書の作成、管理ができる資格保有者が行う仕組みとなっているのです。
資格保有者が契約書の確認を行うため、関連した知識を有している人物が確認したと判断され、法律などに違反せず建設工事の請負を行えるようになります。

また、前述した法律についてですが、建設業法第19条が規定されているため、第19条に抵触しないように建設工事の請け負いを行う際に、建設工事請負契約書の資格保有者が必要・・・という意味です。
今では建設工事といっても簡易的なものも多くありますので、年を追うごとに資格保有者の立場が重要視されるようになりました。
そのため、今では建設工事請負契約書の資格を得たい人も増えてきているのです。

それと、建設工事請負契約書は作成していない業者も存在します。
法律を守らずに建設工事の請け負いを行っている業者に分類されますが、建設工事請負契約書の資格保有者は、そのような業者との付き合いも回避できるのです。

そのため、安全に会社を運営していく上でも、資格保有者が必要と判断している業者は数多く存在します。
つまり、建設工事請負契約書を得ているだけで、大手企業などで就職できる可能性が高まるのです。
資格保有者がいるだけで、コンプライアンス(法律の遵守)に対する意識が高いと判断されるため、業者として信用を得るために必要な人物でもある・・・と考えられているのです。

建設工事請負契約書の仕事内容

建設工事請負契約書というのは、実のところあいまいなので何度もそのことを指摘されています。

例えば、法律を守ってはいるが契約書そのものは雑に作られているというケースがあるのです。
そのため、請け負いの期間などが正しく守られていなかったり、ずさんだと感じるような契約書を使い回している業者も存在するのです。
建設工事請負契約書の仕事内容には、そのような契約書を交わせないように契約書が本当に正しいかチェックするという仕事もあります。
また、建設工事は現場で行われているので、現場において契約書通りの作業が行われているかも確認する必要があるのです。

このように、建設工事請負契約書といっても、ただ書類をチェックして終了という仕事ばかりではありません。