フランチャイズ契約書

契約トラブル

様々な業種で増えている契約

コンビニや飲食店、サービス業などの色々な業種で増えているのがフランチャイズ契約です。
本部の事業者から加盟者となる事業者が商標を使用する権利を与えられてサービスの提供を行うことができる契約を結びます。
お互いにWIN-WINの関係になるのがフランチャイズ契約の特徴で、本部では商標やノウハウを提供して加盟者を増やすことで安定した経営を続けることができ、加盟者はロイヤリティを支払うことで独自の販売ノウハウを教えてもらいながら売上アップを目指すことができます。
よくある事例としては元々しがない商店だった小売店が大手コンビニとフランチャイズ契約を結び、地域で一番の売上を誇る人気店に成長することもあります。
フランチャイズ契約においては必ずしも成功するとは限らず、残念ながら失敗する事例も少なくありません。
契約書に記載されている内容をきちんと確認しておかなければ失敗どころの騒ぎではなくなる可能性もあります。
具体的にどのような内容に注意するべきなのか確認しておきましょう。

フランチャイズ契約書の書き方

フランチャイズ契約においてチェックするべきことはたくさんありますが、一番気になるのはお金の問題です。
加盟者となるために必要な加盟金やロイヤリティについてきちんと契約書の中で記載しておく必要があります。
ロイヤリティの支払期日が決まっている場合は契約書にも明記する必要があります。
経営において肝になるのが提供されるノウハウです。
これまでにも成功事例が多いノウハウであるほど、加盟事業者として成功する第一歩を踏み出すことができます。
実際に提供されるノウハウの概要について契約書で示しておくと安心できます。
什器などの備品については、フランチャイズ店で統一している場合があるため事前に確認しておく必要があります。
所定の備品を購入しなければ契約違反とされる可能性もあるため、契約書内で記載されていないかご確認下さい。

フランチャイズ契約は一般的には期間が決められています。
契約期間が近づくと本部からも更新手続きについて案内が届くはずですが、特に解約の申し出がない場合は自動的に更新手続きを行うとしているケースがあるので注意しましょう。
契約更新に関する記述は必ず契約書に記載されているので、万が一記載されていなかった場合は必ず口頭でも聞いていくことが大切です。

フランチャイズ店の大きな魅力は、どの町で同じ店に行っても基本的には同じ品揃えであることです。
逆に独自の店作りが難しいのが加盟者にとって悩ましいところです。
ただ、契約書に特に記載されていない場合は独自性を積極的に出しても良いのではないかと考えられるため、積極的に本部に働きかけてみましょう。