身元保証契約書

身元保証契約書とは

身元保証契約書とは、保証範囲が正しいものであることを証明する契約書です。

例えば、労働者の身元を保証する形で身元保証契約書を交わした場合、以下に該当する問題が発生した際は、身元保証人が身元保証契約書に則って弁済などを行う形をとります。

有名なものでは、労働において不履行であったため、身元保証人による引取が必要となった場合の対応があります。
その際に誰も引取にこなければ、不履行のため仕事を辞めさせられてしまった人物が、仕事場に残ってしまいます。
ですが、身元保証契約書を交わしていると、そのような行為を強制的に行わせられるので、後になってトラブルが起きないように配慮できるのです。

過去においては、身元などを良く確かめずに現場で働かせていた・・・業者も多かったため、今では身元保証契約書のような契約書の重要性が説かれるようになりました。
また、身元保証人は弁済などを行う必要がありますので、損害が発生している際は弁償を行う必要もあります。
ただし、このような面で身元保証契約書が機能することは少ないため、前述した引取などで身元保証人が必要となる場合のほうが多いのです。

他にも、身元保証人には以下のような約束事が生じるようになっています。
約束事その1ですが、情報などに偽りがないことを約束するとなっていますので、身元保証人として問題の無い人物であることを約束しないといけません。
身元保証人がすでに問題を起こしている人物では、身元保証契約書を交わせない人物として扱われるのです。

約束事その2ですが、弁済に関しては長期にわたっても対応するという約束があります。
つまり、途中で弁済を投げ出してはいけないという意味です。
身元保証人として借金返済、もしくは弁償に応じなければならず、お金の問題に関しても最後まで保証する必要があるのです。

身元保証契約書の豆知識

身元保証契約書というのは、なにもお金の問題や作業に関する問題のみで必要となるわけではありません。

人によっては、入社時に身元保証契約書が必要となるケースもあります。
ですが、それほど身元保証契約書としての保証は厳しくありません。
というのも、入社時に問題の無い人物であることを証明するために、身元保証契約書を必要としているだけだからです。

例えば、会社の規則を守れる人物を採用しているため、そのようなことで問題のある人物は、身元保証人が引き取るという約束を守るよう命じられるだけです。
他にも、履歴書など提出された書類について問題がないことを約束する・・・となっていますので、一般常識の一部に対して責任が発生するだけなのです。
近年では、このような約束事に追加される形で、個人情報の保護に関する約束事も追加されています。