プログラム等使用許諾契約書

パソコン

プログラム等使用許諾契約書とは

プログラム等使用許諾契約書とは、ソフトウェアなどで発生する使用許諾に関する契約書です。

今では、ソフトウェアだけでなくアプリケーションに対しても、プログラム等使用許諾契約書が用いられるようになっています。
ソフトウェアの中にはフリーソフトと言われているものも存在しますが、人が開発したソフトウェアは資産として扱われますので、誰もが勝手に使用して良いものではないのです。
実際にフリーソフトをダウンロードする際も、使用許諾に関する契約をネットで簡単に済ませることがあります。

どのような約束事を守れば良いのか?というと、主に複製しない、無断使用しない、目的とは別のことに用いない・・・の3点を守るだけで問題ありません。

このようなことを使用許諾として理解していないと、自分以外の誰かが作ったソフトウェアを自分のものにしてしまう人が出てきます。
一般的にはあまり目撃することも少ないのですが、今までに何度も有名なソフトウェアは真似されているため、今ではプログラム等使用許諾契約書に関しての契約が必須となっているのです。

ネットなどで勝手にダウンロードサービスを提供する人もいますので、その数は数え切れないほど多い・・・と思って問題ありません。
ですが、作成者、開発者の意向を汲み、今ではプログラム等使用許諾契約書にサインする形でダウンロードする流れとなっているのです。

これにより、今ではシステム開発などにおいても、完全に著作権フリーとなっているもの、著作権がフリーとなっていないものに分類されるようになりました。

プログラム等使用許諾契約書の用途

主なプログラム等使用許諾契約書の用途とは、プログラム(ソフトウェア)に対して求められる金額を要求する際に用いられています。

もし、プログラム等使用許諾契約書が無い場合は無断で複製する人も出てきますし、せっかく作ったソフトウェアを無償で配布される・・・という危険性も出てきます。
しかし、今ではプログラム等使用許諾契約書にサインするだけでなく、お金の支払いを終えるまではソフトウェアの利用ができないように工夫されているのです。

そのため、先に無断で複製してから無料で使用するということもできなくなりました。
さらに、プログラム等使用許諾契約書を通じて使用できるソフトウェアには、コピーブロック機能が搭載されています。

これにより、ダウンロード後にコピーするということもできなくなっています。
もし、複数で同ソフトウェアを使いたい場合、ライセンス契約を交わす必要が出てきます。
ライセンス契約により、正しくソフトウェアが使用されているかどうかも、データ上で簡単に管理できるようになったのです。