不動産売買契約書

悪徳業者

不動産売買契約書とは

不動産売買契約書とは、そのままですが不動産の売買を契約書にしたものです。

法律により商品の売買には契約書を交わす必要がありますので、不動産、建築物に関しては法律に則った契約書を作成しなければいけません。
また、不動産の売買で必要と案内しましたが、広義においては不動産が土地、建物を示すため、不動産の売買で契約書が必要と案内させていただきました。

不動産売買契約書と悪徳業者

先ほど案内させていただいた不動産売買契約書ですが、必ずしも誰もが正しく不動産売買契約書を作成、運用しているわけではありません。

そのため、悪徳業者と言われている不動産屋の言いなりになっていると、法律を守っている業者であっても、大損をさせられるケースがいくつも存在するのです。
例えば、契約約款と言われている契約時の約束ごとがよく問題となっています。
本来であれば、お互いに契約を交わして商品の売買を行っているので、お互いの関係は平等でなければいけません。

ですが、悪徳業者は契約約款に細かい条件などを書き込んでおくことで、実際に不動産を購入した際に、購入した側が損をするように仕組んでいるのです。
なので、契約約款に関しては業者から説明を受けただけで鵜呑みにする・・・のは良くありません。
どのような契約を今から行うのか自分でもチェックしてみましょう。

悪徳業者の手口で多いものには、価格に関する操作などがあります。
例えば、購入後に問題のある物件であることがわかっても、契約約款に対して了承しているので、問題の無い物件として扱う・・・というものがそうです。
つまり、後になって購入をやめることができなくなった状態で、不良物件を買わされるということがあるのです。
業者はすべて正常に運営を行っているため、簡単に悪徳業者を見抜くことはできないでしょう。

なので、不動産売買契約書に問題が無いかチェックし、業者側のほうで勝手に説明に入るようであれば、その業者を疑っておいたほうが賢明です。

その他のトラブルでは、不良物件ではないのですが、当初の予定とは違って段々と傷みやすくなってしまう物件を売られることがあります。
先ほどの不動産売買契約書と同じで、トラブルなどがあっても購入者が対応しなければいけない・・・という契約書のため、後になって業者に言ってもなんの対応もしてくれません。

このようなケースは問題のある工事を請け負っている業者で多いので、業者そのものの人気も高くないことが多いです。
インターネットでも調べられることなので、あまり良い物件を売っていない業者とは、不動産売買契約書のことも考えて付き合わないほうが良いでしょう。