売買契約書

売買契約

様々な種類がある文書

ビジネスの商取引において、売買契約は様々な取引で生じるものです。
売買する商品の内容を詳しく記載し、間違いなくこの内容で取引を成立させますよという約束の意味を兼ねた文書になります。
一般的には高額な商取引で取り扱う売買契約書が多く、一般的な商品以外にも不動産や自動車、株式などの売買取引で記載する場合が多いです。
売買取引を行う対象物によって記載する内容が異なりますが、基本的には条項方式で記載するのが一般的です。
法的に記載する内容が決まっているわけではないため、あまり様式にこだわる必要はありませんが、あまりにも一般常識とはかけ離れた売買契約書になると信頼性に欠けてしまいます。
売買契約書ではある程度決まったテンプレートが存在しているので、参考にしながら必要事項を記載していきましょう。

土地売買契約書

マイホームを購入したいと希望している方で土地を購入しなければいけない方は、誰かが所有している土地を購入しなければいけません。
例えば知り合いから土地を買い受けるので、契約書をわざわざ交わすのは面倒だから省こうとする方も多いです。
万が一契約書を交わしてしなかった場合、後々土地を巡るトラブルに巻き込まれてしまう場合もあります。
どんなに親しい間柄の人から買い受ける土地であっても、必ず売買契約書を交わしてトラブルに発展させないようにして下さい。
土地の場合は売買代金を明確に示す必要があります。
合計金額だけでなく、平米単価も示しておくと良いです。
手付金として一部の金額を支払う場合はその旨記載しておくことも忘れないで下さい。
支払い方法に関しては明確に契約書の中に記載しておくと後でトラブルに発展せずに済みます。
土地の所有権が移転する日付について必ず明記しますが、一般的には売買代金の支払いが完納した時点で所有権が移転することになります。

商品売買契約書

日常的に行われる商取引については契約書を交わすことはほとんどありませんが、商品代金が高額になる場合は商品売買契約書を交わして間違いがないように準備しておく必要があります。
商品名や数量、単価を記載するのは必須になります。
必要に応じて受け渡し場所や日時を記載しておくと安心して取引に臨むことができます。
記載しておきたい内容としては、商品検査の有無についてです。
大量に商品を仕入れるにあたって、万が一不良品が含まれていた場合はどのように対応してもらうかという内容を記載しておかなければ、大量に不良品が発生して赤字になってしまう事態も想定されます。
また、商品代金の支払い方法についてもしっかりと明記しておく必要があります。
具体的な支払い方法や支払い期日を明記しておくようにしましょう。
売主も買主も気持ち良い取引が実現するように内容を精査して下さい。