SEOコンサルティングサービス契約書

自社サイトの検索順位上昇を依頼するSEOコンサルティング

ブロードバンドが一般的に普及したことで一気にネット人口が増えましたが、その頃よりインターネットサービスとして数多く登場するようになったのが「SEOコンサルティングサービス」です。

「SEOコンサルティングサービス」とはその会社が運営するWebサイトやECサイトについて、検索順位が上位になる対策を依頼するということです。

私達は普段インターネットを利用する時にGoogleをはじめとする検索エンジンを利用しますが、特定のワードを入れた場合に最初に表示されるかどうかにより、サイトのPVはかなり大きく変わってきます。

また、ただいたずらにPV数だけが増えても意味がなく、自社サービスへの問い合わせ件数が増えたり、売上が上がったりということに繋がらなくてはいけません。

SEOに関してはGoogleも対策に非常に力を入れているところで、仕様の変更が定期的に公式アナウンスされていたりします。

また検索順位の判定基準も明確にされているわけではないので、果たしてSEOコンサルティングを依頼したことで確実に効果が見込めるかというと若干疑問なところもあります。

そうしたリスクも備えた上で締結をするのがSEOコンサルティングサービス契約で、成功報酬にするのか定額で依頼をするのかといった条件をどこにつけるか、ということが問題になります。

現在は運営そのもののコンサルティングサービスが主流

かつて頻繁に行われてきたSEOコンサルティングというと、他に数多く作ったサイトから人工的に被リンクを設置したり、一定の文字数の中に必要なキーワードをいくついれるかといったテクニカルな方法が多かったものです。

しかし、Googleがそうしたエンジンのアルゴリズムの穴をつくような方法を不正として扱うようにした事により、現在ではSEOは単体で行うのではなく、サービスやコンテンツの質を高めるという本来的な方法に近づいてきています。

そのため、従来のSEOコンサルティングサービス契約では順位保証として、契約をしていた順位を確保できなければ支払い条件を不利なものにするような条項が盛り込まれてましたが、現在はそうしたものはどちらかというと少数派です。

現在の主流はむしろコンバージョン数で測定する方法で、どういったルートでサイトを訪れる人が多いかといったところから、サイト全体をコンサルティングすることがSEOとなっていたりします。

契約書の作成においてはSEOのみではなく、Webサイト運営や更新といったところを同時に行う、請負契約の形で締結をすることが多いです。

その場合においても報酬は成果報酬とするか、定額請負とするかで契約方式も大きく異なってきます。