ファイリング・デザイナー検定

ファイリング・デザイナー検定

引用元:<http://www.noma.or.jp/kentei/tabid/361/Default.aspx>

ファイリング・デザイナー検定とは

ファイリング・デザイナー検定とは、現代のオフィスでは必須となるファイル管理を行う際に必要な資格です。

ファイリング・デザイナー検定では、オフィスのファイル、電子情報をどのように管理すれば良いのかを学べるようになっています。
ファイリング・デザイナー検定を有していることで、効率的なファイリング(ファイル整理)ができる人物として認められるだけでなく、ファイリング専門の職業に就くことが可能となるのです。

また、近年ではファイリング・デザイナー検定の人気は上がっています。
というのも、前述のとおり現代では必要な資格として知名度を上げているだけでなく、それほど資格の難易度が高くないからです。
1級は40%、2級は58.2%、3級は71.9%の合格率となっているので、一般的な資格試験の合格率とほぼ同じです。

ファイリング・デザイナー検定は、男性だけでなく女性からも求められることが多い資格です。
就職に強いだけでなく、将来的にはキャリアアップできる可能性もある資格となっているため、スキルアップを意識している人、キャリアアップを意識している人が有している資格としても有名なのです。

ファイリング・デザイナー検定の試験内容

3級は簡単なマークシート方式のテストを終えるだけとなっているので、ファイリング・デザイナー検定3級の案内は省かせていただきました。

ファイリング・デザイナー検定1級の試験内容は、主に経営情報管理など実際のファイリング知識を有しているか試されます。
そのため、ファイリングだけでなく、ファイリングシステムについても詳しいかどうかが、ファイリング・デザイナー検定1級に合格する際には重要となってきます。
現代では、ファイリングといっても人の手で行えるファイル整理には限界がありますので、個人でも多くのファイルを管理できるシステムが開発されています。

また、ファイルを管理できるシステムはインターネットともつながっていますので、ファイリング・デザイナー検定1級では、インターネットに対する知識としてセキュリティに関する知識も出題します。

ファイリング・デザイナー検定2級は、組織内情報について詳しい内容を理解しているかが試されます。
そのため、組織内情報として取り扱って良い情報を、セキュリティなども含めてアクセスコントロールするなど、管理するだけでなく、権限の付与も行うということの理解力も試されるのです。

近年では、インターネットを使ったペーパーレスについても詳しいかが重要となっているので、無駄にファイルを作成しないファイリングについても詳しい方が、ファイリング・デザイナー検定2級で合格する可能性が高まるでしょう。