電子ファイリング検定

電子ファイリング検定

引用元:電子ファイリング検定

電子ファイリング検定A級とは

電子ファイリング検定について案内していますが、こちらは電子データの活用に関する技能検定として有名な検定です。

過去であれば、イメージファイル、もしくはXML、PDFなどは個別で管理されていました。
ですが、今ではこれらのファイルをまとめて管理できるようになりましたし、ファイルによっては取り扱いが困難なものもございます。
要するに、昔に比べて操作そのものがシンプルでは無くなったのです。
そのような状況になっていることを正しく理解できるようになる検定が、電子ファイリング検定A級という検定です。

B級も存在しますが、こちらは検定試験の難易度があまり高くありませんので、今回は電子ファイリング検定A級に絞って案内を行わせていただきます。

まず、電子ファイリング検定A級の難易度から案内を行っていきますが、難易度は合格率25%となっているので、それほど高くありません。
検定試験全体でも易しいという難易度で評価されていることが多いです。
また、どのような人が電子ファイリング検定A級を求めているのか?というと、主にキャリアアップを目指している人が、電子ファイリング検定A級を求めています。
こちらを保有していると、業務において能力の試験などが免除されるため、スキルアップ、キャリアアップを同時に果たせるのです。

今では、ほとんどの企業で注目している検定でもありますので、就職においても強い検定として人気を集めています。
電子ファイリング検定A級を保有している場合、仕事内容も電子情報のファイリングなど、専門的な仕事を任せられるようになるため、仕事の充実度もアップするという評価を得ています。
ただし、電子ファイリング検定A級の保有者は、文書情報だけでなく電子情報も適切に運用・管理できなくてはいけません。
そのため、膨大な情報を管理できる人でなければ、幅広く仕事を任せてもらえないという一面もあるのです。

電子ファイリング検定A級の試験内容

電子ファイリング検定A級の試験内容ですが、記述式で検定試験を進めていく形になっています。

良く出題する問題には、組織経営に関する問題が多く出題されます。
文書管理は当然として、他にも記録管理について詳しくなければ、電子ファイリング検定A級に合格できません。
B級との大きな違いは、官公庁の文書や記録に関しても詳しくなければいけないところです。

近年では、これらの業務に長ける人ほど評価されるので、意識的に官公庁についても詳しくなっておいたほうが良いでしょう。
これらの問題はそれほど難しくありませんので、電子ファイリング検定A級、B級ともに、数多くの決まりを記憶できる人、それらを技能として活用できる人であれば、検定試験の合格についても難しくないと判断できます。