文書情報管理士検定

文書情報管理士検定

引用元:<http://www.jiima.or.jp/publishing/bun_info.html>

文書情報管理士検定とは

現代ではあらゆるものがデジタル化されているため、文書情報管理士検定においてもデジタルに関する知識が問われます。

また、一般的な検定試験と違い、文書情報管理士検定は知識だけでなくスキルも保有されているかチェックされます。
というのも、今では文書情報を管理すると言っても、同じような作業、ツールにより管理されているわけではないからです。
ものによっては、厳しいセキュリティのもとに管理されている文書もありますし、独自のツールでなければ開示できない文書もございます。

そのようなツールに触れる形で経験を積んでいる人ほど、文書情報管理士検定においては高い合格率を有するでしょう。

また、文書情報管理士検定には資格の有効期限が決まっています。
5年間で更新する必要が出てきますので、更新を行わないと文書情報管理士検定の資格が失効となってしまうのです。

このように厳しい対応が問われる検定となっていますが、検定試験の合格率は上級で40%、1級であれば78%、2級であれば82%となっているため、それほど厳しい検定試験ではありません。
また、文書情報管理士検定の良いところは、これだけではありません。
今では文書情報の技術は高く買われるようになっているため、官公庁や役所などで採用される可能性が高い資格でもあるのです。

また、仕事内容についても大きく様変わりすることが少ないため、過去のスキルをそのまま活かせるという特長もあります。
今まで携わってきた文書情報の作成・取得などに自信がある人であれば、文書情報管理士検定を有していることにより、あらゆる役所、企業で採用されるようになるでしょう。
ただし近年では、文書情報管理士検定の資格を有しているだけでなく、マネジメント業務の経験がある人のほうが、従来より高い評価を受けることが多くなっています。

文書情報管理士検定の試験内容

文書情報管理士検定の試験内容ですが、試験の名称通りで主にマネジメントについて答えていく内容となっています。

マークシート方式で、文書情報に関するマネジメント、現代においてどのような変化があったのかを記入していきます。
そして、今ではアナログ時代ではありませんので、デジタル時代になって追加された文書情報のセキュリティ、もしくは文書情報を記録する際の手順などを答えていきます。

現代ならではの問題も追加されていますが、今も昔も文書情報管理士検定の合格率は安定しています。
そのため、電子情報の取り扱い、良く使用されるようになったネットサービス、情報管理システムについて詳しい人であれば、高い割合で文書情報管理士検定を取得されているのです。