公文書管理検定

公文書管理検定とは

公文書管理検定とは、公文書と呼ばれているものを適切に管理できるかを表す検定です。

また、検定試験に通ったとしても就職が行えるわけではありません。
主に公文書管理検定を活用している人は、すでに官公庁や自治体で公文書の管理を行う必要がある人です。

公文書管理検定の合格率ですが、マネジメント、実務で違いがあります。
マネジメントは60.0%。
実務は65.7%の人が合格している状況です。
マネジメントのほうが難しい場合が多いので、検定試験の勉強を行う際は、そのことを理解して勉強されたほうが良いでしょう。

公文書管理検定を保有している人の仕事内容についても触れておきますが、公文書管理検定を保有している場合、公文書管理の立案、ライフサイクルの維持・管理に関する仕事を行えるようになります。

公文書管理検定の試験内容

公文書管理検定の試験内容についてですが、試験はマネジメント、実務の2種類がございます。

マネジメントでは公文書管理で必要となる方策に関する知識として、以下のような知識が試されます。
公文書を扱うわけなので、公文書の情報公開で適切なもの、もしくは文書管理で正しいとされている管理方法をマークシートに記入できないといけません。

他にも、公文書管理検定では公文書に関連している法規について詳しいかもチェックされます。
さらに、適切な運用・維持を行えるのかのチェックもありますので、公文書管理検定のマネジメントでは、方策ガイドライン、公文書の管理についても詳しいかチェックされるので注意してください。

近年では、このような書類を扱う上で電子文書についても詳しくなければいけません。
そのため、ネット上に公開される情報の理解、及び分類に対する知識も試されますし、管理する上での要点も把握していなければいけないのです。

公文書管理検定の実務では、公文書の管理に対して適切な理解があるか試されます。
そもそも、公文書とはなんなのかを問われる形で、マークシートの記入を行っていかないといけないため、役割についても学ばれておいたほうが良いでしょう。
理念や目的、他にも現状についてどれほど詳しいかもチェックされます。
なので、先ほどの公文書に対する正しい知識だけでなく、現在はどのように利用されているのかも知っておかなければいけません。

公文書管理検定の事務においても、適切な理解があるかチェックされますが、事務でも電子文書に対する知識をチェックされます。
なので、今では電子文書としても活用されている公文書の役割だけでなく、電子文書としての利用範囲も知っておいたほうが良いでしょう。
これらのテストは試験時間も短いので、素早く回答できるかも試されます。