仕入れ法の見直し

ボンタリーチェーン

引用元<http://www.vca.or.jp/vc/vc_about.html>

仕入れ法

企業のコスト削減のためにできる事の1つに、仕入れ方法を見直すことができます。ここではコスト削減をするためには、どのようにして仕入れ方法を見直せばいいのか見ていきましょう。仕入れを見直すといえばやはり仕入れのコストを下げる方法ですが、仕入れの規模が小さいと仕入れのコストが高くなることもあります。仕入れコストを下げる見直しをどうすればいいのでしょうか。例えば共同仕入れ組織に入ったり、同じような悩みを抱えている会社を募って共同仕入れ組織を作るのもいいですね。ボランタリーチェーンに入るというのも1つの方法です。これによって仕入れのコストが下がるというメリットがあります。最近は中小企業を取り巻いている環境というのはとても厳しくなり、大手は、仕入れ量も大量ですので、その分数量割引が適用になりますから、同じものを仕入れるにしても安く仕入れることができますから、その分コスト削減につながりますが、中小規模になるとその辺でコストが高くなりコスト削減したくてもできない背景もあります。

仕入れを見直す際、仕入れ価格を減らすなら、先ほど紹介しましたが共同仕入れの組織があるので、そちらに入って数量割引の適用を受けて安く仕入れるようにすればいいかもしれません。ですがこの共同仕入れ組織は任意で作られているところが多いので、どこに入れるのか、条件やルールがまだしっかりと確立していないところもあるので、安心できるグループに入るほうがいいでしょう。

ボランタリーチェーン

それからボランタリーチェーンという加盟店があります。ボランタリーチェーンに入れば、本部で仕入れを行ってくれるので、規模が大きくなるので仕入れのコストが下がるというメリットがあるのです。仕入れを見直してコスト削減を目指すなら、まずは今の仕入れ状況がどのようになっているのか、それを分析した上で改善するにはどうすればいいのか考えましょう

それはすぐに答えが出ることもあれば、答えがすぐに出ないこともあるでしょう。色々と仕入れのコストを削減できる方法を考えてどうすれば、少しでもコスト削減できるのか、仕入計画そのものから見直す必要があります。仕入れ計画そのものを見直すことができれば、コスト削減への影響は直ですから、スムーズにコスト削減を実行することができるでしょう。なかなかコスト削減といっても難しいですが、仕入先を変える、仕入れ時期を変える、仕入れ条件を変えるなど細かな分析をすれば乗り切れます。