労働契約と雇用契約の違いは?

雇用

Post by relatedRelated post

基本的には同じことを意味している

労働契約と雇用契約という言葉がそれぞれ存在していますが、とても似ている言葉だからこそ、その違いがよくわからないという意見をよく聞きます。
たしかに本当によく似ている言葉なので、その意味の違いがわからないのは当然です。
たとえ自分が契約の当事者になっていたとしても、その違いがわからないケースもあるわけです。

しかし、この労働契約と雇用契約というふたつの言葉は基本的には同じことを意味していると考えていても良いと言われています。
法律的な観点からいえば厳密には異なるわけですが、一般的な部分ではほとんど変わりません。
また、企業によってはこのふたつの言葉を明確に分けることができておらず、ある種の曖昧さを持ったまま両方の契約書が存在しているようなケースもあるほですから、基本的には同じものと考えておいてもよいのです。

しかしながら、言葉が違う以上は厳密な部分でいえば、それぞれの意味は異なってきますので、そのような知識を得ておくことも大切です。
これから労働契約を結ぼうとしている、雇用契約を結ぼうとしているというような状態にあるのであれば、これらの言葉の違い、意味の違いについて覚えておいてもいいのではなでしょうか。

労働契約は労働基準法の管轄

労働契約と雇用契約の違いに関してですが、労働契約は労働基準法の管轄になる言葉です。
そのため、基本的にはこの労働契約という言葉を用いて契約書が交わされるケースが多くなっています。
労働基準法の範囲内にある契約事項であって、とても重要なものですから、この言葉の意味を覚えておけばいいのではないでしょうか。

雇用契約という言葉を使って契約書を交わすケースもありますが、こちらに関しては例外的な扱いという意見もあるほどです。
そのため、労働契約がベタであって、稀に雇用契約というワードが飛び出すというように覚えておくといいかもしれません。
仕事の基本は労働基準法によって定められていますので、その点だけ覚えておきましょう。

基本は労働契約の内容を覚えてきたい

仕事をする際には労働契約を交わすという形で覚えておきましょう。
そのため、その契約内容が労働基準法に照らし合わせて合法的なものであるのかどうかということをチェックするようにしましょう。
おかしな内容であれば契約自体が無効になることもあるのです。

これは雇用される側にとっても雇用する側にとっても重要なことですし、契約が無効になってしまうのは双方にとってデメリットとなるわけですから、気をつけておきましょう。
会社に入って労働契約を交わすことは今では一般的な行為となっていますが、会社によっては慣例に従っておかしなルールのままの契約を交わすように求めてくることもありますので、内容は熟読しましょう。