コンプライアンスの強化

街のイメージ

ビジネスで重要な役割を担う

取引を成立させるために取り交わす契約書は、きちんとした形にして残しておくことがとても重要です。
契約という行為は本来ならわざわざ書面にして残さなくても良いとされています。
例えば個人の間で「このCDを300円で売ってあげるよ、明日渡すからね」と言われて了承してお金を渡した場合にわざわざ契約書を取り交わすことはないので、口約束という形で契約したことになります。
ビジネスの場でも同じことで、絶対に契約書を交わす必要はありませんが、口約束では証拠がないので「あなたはこう言った」「いや言っていない」と必ずトラブルに発展するものです。
確たる証拠を残すためにも必ず契約書として書き残す必要があるのです。
正確な契約書を保管しておくことは企業のコンプライアンスとしてとても重要な項目になります。
電子契約書を導入することでペーパーの契約書よりもコンプライアンス強化に役立つと考えられます。

検索や閲覧が簡単にできる

電子契約書がコンプライアンス強化に役立つ理由として考えられるのは、データ化することで簡単に検索するか、社内で共有することで閲覧が自由になるからです。
今まで紙の契約書を保管していた場合は、会社の規模が大きいほど大量の件数があったため確実にチェックすることが難しかったのが実情でした。
人間なら誰もが間違えてしまう可能性があるにも関わらず、第三者がしっかりとチェックする体制が抜けていたため、後になってから大きな問題に発展することも少なくありませんでした。
電子化することによって、どの顧客と結んだ契約なのか、具体的な内容に問題がないか、きちんと内容が遂行されているかなどをチェックしやすい環境を整えることができます。
大量の契約データがあっても簡単に検索できるシステムが整っているため、社内で共有している範囲まで瞬時に閲覧できるメリットがあります。

契約書の構成がわからない人が多い

契約に携わる社会人として一般的な契約書の形式はある程度把握しておきたいものです。
正確にこうしなければいけないと決まっているものではありませんが、最低でも記載しておかなければならない項目があります。
一般的な事例としては、表題と全文、箇条書きにした内容、日付、調印を最低でも記載するべきとされています。
紙の契約書を交わす際にこれらの内容を全く把握していない状況で取り交わすのは企業に属する社員としてのコンプライアンスに問題があるといえます。
電子契約書の場合はあらかじめ形式が決められているため、必要な項目を忘れてしまった時にも不安を感じることがありません。
相手にとっても書面の場合より高い信頼性を与えることができるため、メリットが大きいと言えます。