コスト削減が可能

コスト削減

契約書も電子化

契約書も電子化が進んで来ている時代ですが、電子契約書を取り入れることによって、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?
注目したいメリットの一つに、コスト削減が可能であることが挙げられます。

電子書籍など紙を媒体としていたものを電子化することで扱いやすく、また印刷や紙代をかけずに安く提供することが出来るようになっていますが、電子契約書でも同じことが言えます。
印刷代や、印刷のための紙代がかからなくなるため、たくさんの契約書を交わすような業種ではこれだけでかなりのコスト削減になります。
またお客様のところに契約書を直接持っていくなどの方法で届けていた場合、そのためにかかる移動費なども削減できます。
更に、郵送で遠くのお客様に送っていたという場合は郵送費までも削減することが可能なのです。
それだけでも電子契約書に切り替えるコスト的なメリットが見込めますが、メリットはこれだけではないのです。

通常契約書へは金額に応じて印紙を貼る必要があります。
金額が大きければ大きいほど印紙として必要な金額も大きくなり、それだけでも負担になります。
しかし税金のため今まではここを削減することは出来なかったのですが、電子書籍は印紙を貼る必要がないのです。
電子化することで印紙が貼れないから法的にグレーだけれど貼らないで送ってしまおう、ということではなく、法律で定められた印紙が必要な書面に該当しないという法的根拠があるので安心です。
この印紙代は建設業や不動産業などの1つの契約単位が大きい業種ではかなりの金額に上るため、ここを電子化するだけでかなりのコスト削減が見込めます。

通常契約書類

また通常契約書類というのは一定期間保管が必要なもので、その間に保管しておくファイルやバインダー、棚なども一つ一つは小さくても、まとまった数になるとそれなりの金額になります。
ですが電子契約書であれば紙媒体を保存しておく必要がなくなるので、それらの費用も一切かからなくなります。
その分棚を使っていたスペースを有効活用することもできますし、まさに一石二鳥です。

業種によってお客様に対して電子契約書の導入を求めるのが難しいケースもあるかもしれませんが、それでも電子契約書を導入することによるコスト削減のメリットは非常に大きなものです。
こうした、業務上で必ず必要になるお金がかかる部分を削減することで、会社の利益の増大や経営にも大きく貢献することができるはずです。