目的をはっきりさせて作成する

目的

契約書をこれから作成する際は何を目的にした契約書なのかは必ず記載しなければいけません。ほとんどの条項で記載されることが大半です。直接目的語、これは他動詞を使う文章には必要です。他動詞、これは必ず目的語がなければ使えない動詞で、何をどうするのか、その形式で表現される動詞のことなのです。それに対して絶対に目的語が必要ではなくて、何をするといった形式で表現されているのは自動詞です。普通自動詞は目的語を使わないので、自動詞を使っても抽象的にしか表現することができないので、もっと内容を明確にしなければいけない場合には他動詞を使用することが大半です。契約書はそれを読めば何の契約書なのかわかるようにしなければいけませんので、具体的に表現する必要があります。

契約条項で使われている動詞の大半が自動詞と違い他動詞が使われているのです。こうしたことから間接目的語が大半に記載されているといってもいいのです。受身での表現は誤解を招く元になりますので気をつけましょう。文章を表現する際、能動態、そして受動態があり、受動態が受身です。

記載方法

能動態は何が何を何する、これですが、受動態は何が何によって何されるといった受身の表現になるのです。契約書の大半は受身ではなくて能動態の文章での記載が多いですから、これはしっかりと理解しておく必要があるでしょう。そのほうが読んだ人が誤解をしたり勘違いするということがないのです。やはり誤解があったり勘違いなどがあるとトラブルの元になりますし、何のために契約書があるのか、それが明確になりませんから、誤解がないようにするべきです。よっぽとのことがない限りは受動態は使わないのですが、もしも契約書を作成する際に受動態で書いたほうがいいというよな場合があれば、その際はよく検討して、読んでいる人が誤解しないかどうか気をつける必要があります。

受動態の契約書ではなんとなく誰が何をするのか、どういった目的でこの契約が結ばれているのかなどがあいまいなのです。あいまいである場合には、誤解を招きやすくなりますので、注意しましょう。せっかく契約書でトラブルを予防しようと思っているのにもかかわらずその契約書の内容が、あいまいだったためにトラブルを引き起こしていたのでは意味がありません。トラブルを防ぐためにもきちんと受動態ではなくて、能動態の文章を使うことをお勧めします。契約条項での受動態は使えないと思っていたほうがいいでしょう。