捨印とは

捨印

訂正印代わりになるケースが多い

契約書には重要な事柄が文章として記載されていますが、それ以外に署名や捺印もあります。
このようなことも含まれて契約が交わされた状態になりますので、特に日本の契約書においては捺印はかなり重要視されています。
また、署名欄の横への捺印だけではなく、捨印を押すこともあります。

この捨印に関してこれまで何の疑問も無しに言われるがままに押していたケースが多いかもしれませんが、実際にどのような意味があるのかはご存知でしょうか。
もしも意味を知らないままに押していたのであれば、今後はその意味を覚えておくようにしましょう。
捨印はなぜ押すのかといえば、これを訂正印の代わりにするからです。

契約書を交わしたあとに、たとえば些細な誤字脱字等のミスがあったとします。
本来ならばまた双方が会って、それぞれの契約書を書き直し、そこに双方の訂正印を押すということになるのですが、捨印があればそれを訂正印の代わりにして、修正をおこなったという連絡だけをして終わらせることができるわけです。
お互いの手間暇をなくす意味でもありますので、契約書に捨印を押す行為は一般的になっているので、この意味を覚えておくようにしましょう。

契約内容が変わることもあるので範囲を確認

捨印が訂正印の代わりになると聞くと、捨印があれば契約を交わしたあとから内容を変えることができるという意味になりますので、そこに不安を抱く人もいるかもしれません。
たしかに相手の都合のいいように契約内容をあとから書き換えられるという意味にも受け取れますので、そのような不安を抱くのは当然なのかもしれません。

しかしながら、捨印で直して良いのは微細な事柄になっており、たとえば契約の根幹にかかわるようなレベルの事柄を変えてしまうのは認められていません。
そのため、捨印が契約書にあったとしても、重要な部分を変えることはできませんので、その点は安心しておきましょう。
ただし、捨印を押す際にはその効力の範囲を念の為に確認しておくことも大切ですから、あらかじめ聞いておく姿勢も重要となります。

金額などの重要な部分は捨印では訂正されない

捨印で訂正してはいけないと言われている事柄は色々なものがあるのですが、特に金額に関しては変えることが基本的には認められていません。
金額は契約において最も大切なポイントですから、これを契約を交わしたあとから変えられるような状態になってしまえば、やりたい放題の状況ができてしまいます。
そのようなことになってしまうと、もはや契約を交わす意味がないということにもなりますので、いくら捨印が押してあるからと言って、金額に関するポイントを変えてしまうことはできないのです。