契約書の意義とは トラブル防止

契約書

契約書の意義

契約書を作成する意義は色々とあると思いますがやはり契約書を交わすことによって
トラブルを防ぐことができるのです。しかしどんな契約書でも
トラブルを防ぐことができるというわけではありません。

トラブルを予防できるような契約書を作っておかなければいざというときに役に立たないのです。
トラブルを予防するための契約書のポイントをここでは考えていきましょう。
契約書はもともとトラブルを避けるために内容をはっきりさせるためにあります。

ですから前もってそれからどんなことでトラブルが起きるのか、それを考え、
そのトラブルに対して契約書が効力を持つのか、
不備がないのかという点を確認しておく必要があります。
具体的にいえば、記載されていないと契約を結んだ意味が
ないようなこともある場合は契約する意味がないのです。

契約書のトラブル

必要事項がすべてそろっていた場合でも書かれている
内容が明確になっていない場合は、
それを誰が読んでも同じ解釈ができるようにしなげればトラブルは必ず起きてしまうのです。
解釈の違いによってトラブルが起きてしまうことはよくあることですから、
そうならないようにするためにも誰が見ても、
同じ内容だと解釈できる内容の契約書でなければいえません。

契約書はトラブルを防ぐために作成するわけですが、その中でも、
契約当事者と期間や期日の記載、権利義務内容や対価関係内容はとても重要です。
契約当事者は、契約は契約をした当事者の間で効力があるということを証明しています。
誰と誰が結んだ契約なのか、それがはっきりしていないと意味がありません。

会社と契約するのか、その会社の社長と契約するのか
会社との契約か個人との契約かによっても解釈が違ってくるので気をつけなければいえないのです。

そして期日を設けることによって契約の有効期間が決められます。
明確にしておくことでトラブルを未然に防げるのではっきりさせておきましょう。

そして権利義務の内容をはっきりさせることも契約書作成の際は注意しなければいけません。
そして契約をしても契約自体が無効だったら意味がないのです。
契約の締結をすることそのものは自由なことではありますが、
それが無効になっていることもあるので、そうなれば後でトラブルにつながりますので、
契約の有効性についても明確になっているかどうかは必ず確認しておいた方が
いいことだといっても過言ではないでしょう。契約書の意義、
それはトラブルを予防する役目がありますが、
契約書がきかっけでトラブルが起きることもありますので十分に注意しなければいけません。