バックアップ対策

leaf契約書管理システムでできることの1つに、バックアップがあります。今あなたの会社はどのように契約書の管理をしているでしょうか。会社によっては、もしかすると契約書をそのままファイルに保存しているかもしれませんし、その上でエクセルでデータ管理をしているところもあるでしょう。しかしこの方法はバックアップが取れていません。ファイリングした契約書をエクセルにデータ管理することがバックアップになるともいえるのですが、これはレベルの低いバックアップとなります。

もし災害が起きて社内が壊滅してしまったら、ファイリングしてあった契約書もエクセルのデータも同じ場所にありますから、どちらも使い物にならないのです。これではバックアップを取っている意味がまったくありません。視足インターネットを使った契約書管理システムなら、万一災害が起きたり、火災が起きたりして、社内機器にトラブルが発生してしまったとしても、データの復旧をすることは可能なのです。火災、地震、洪水、今の時代何が起きるかわかりませんから、バックアップを取るのであれば、確実にバックアップを取れる方法を考えないといけません。

サーバー保管

そうなると、従来の契約書管理の方法であり、ファイリングして保存というのはバックアップが取れていませんし、エクセルを利用して管理するという方法もバックアップを一見してみるととっているように思えるのですが、かなりレベルの低いバックアップであり、すぐにバックアップの機能を果たさなくなる恐れもあるのです。ネット経由でサーバにて契約書管理をするシステムを導入すれば、会社が何かあっても、その町全体が何かあったとしても、サーバーに保管されているので、すぐに復旧はできなかったとしてもデータがなくなることはありませんから、バックアップの機能を十分果たしてくれているのです。

確実なバックアップの方法を検討している会社、今のバックアップでは頼りないと思っている会社は、ネットを使った契約書管理システムを導入することをおすすめします。これなら完璧なバックアップといえるバックアップ体制ですから、万が一のことがあってもあわてずに済みますし、安心していられるのではないでしょうか。

leaf