資源の共有

資源

契約書管理システムを利用することで資源の共有を簡単にすることができます。資源というと目に見えたものという印象を持っている人も多いのですが、契約書、そして情報やデータというのは目に見えてなくても会社の資源であることは変わりありません。これまではあちこちの部署でそれぞれがこうした資源を管理していることが多かったですが、契約書管理システムを利用することができるようになれば、資源の共有を部署という枠を超えて管理することができて共有可能になります。すべての文書が一元管理されることになるので、情報の共有、情報資産の共有がとても簡単にできるようになるのです。そのために他部署の知識や社内の情報を収集することが安易になりますし、わざわざこれまでは他部署の情報は、その部署に問い合わせをしなければいけなかったり、総務部に問い合わせをしなければいけなかった場合でも、他部署や総務部に迷惑をかけなくても、自分で調べることができるようになるので、手軽に調べられるという面でメリットがあります。また他部署の仕事の手を止めることがなくなるメリットもあるでしょう。

また他部署の知識や情報を収集することは、実はこれまでに触れることがなかった知識や情報を手に入れることにもなりますから、新しい発想を見出すことにもつながりますし、新商品を開発することにもつながるかも知れませんからこれはこれでメリットとして大きいのではないでしょうか。

資源の共有

資源の共有というとなんだか大げさに聞こえてしまいますが、当たり前のようでこれまで面倒だったことがスムーズにできるようになり、誰の手も煩わせず、そして自分の思い立ったときに操作をすることができるようになるというメリットから考えてみても、資源の共有を契約書管理システムを導入して行えることは作業効率のアップにもなり、会社の利益にも間接的にもつながることになるかもしれません。一箇所に文書が集約されるということは、これだけの作業効率のアップやさまざまな面でメリットとなることがわかっているので、これは契約書管理システムを導入しないのがもったいないくらいですね。