ビジネス実務法務検定

ビジネスでの業務の知識を獲得できる

この検定は、民間団体が認定する検定ながらも、ビジネスで使える知識を覚えられます。
営業や総務、人事など、あらゆる部署の社員に役立つ検定です。
たとえば、営業で契約書に内容に不備がないか、正しい知識をもって対応するなど、多くの業務で役立つ内容になっています。

正しい知識を身につけて業務を行えば、ミスを少なくすることができ、リスクを回避でき、取引先とのトラブル回避にも繋がります。
社員として自分へのリスクを少なくするばかりでなく、ミスを少なくして、会社へのダメージも減らせます。

それは言い換えれば、仕事をスムーズに行えるので、自分のスキルアップやキャリアアップにも役立つでしょう。

・キャリアアップ

ミスを少なくして、仕事の質を高めるのに役立つので、キャリアアップにも良いです。
管理職であれば部下のリスク管理、その他であれば、人事異動や業務内容変化でも、スムーズに行えます。

・業務に自信が付く

多くの企業が採用しているこの検定は、ビジネスで役立ちます。
今まで何となく流れで進めていた仕事を、知識を持ってその判断により行うことができ、自信が持てます。
試験の例題が公開されているので、自分のスキルレベルを確認して見ても良いでしょう。

・会社のダメージを減らす

個人情報の漏洩やデータ流出など、会社に大きなダメージとなる事柄もあります。
これらは、社員1人の些細なミスから始まることも多く、社員が法律の知識を得ていないと、会社のダメージに繋がります。
そのような会社を守るためにも、役立つ知識を得られます。

3級と2級

検定試験を受けて合格すると検定取得となりますが、3級から取得可能です。
3級では基礎知識となるので、ビジネスで役立てるならば、具体的な内容となる2級を取るのが良いです。
2級になれば、法務関係の知識も得られて、弁護士などと一定のやりとりが出来ます。
3級と2級は、出題分野が重なっている部分が多く、このために、これらを同時に受験、または連続で受験するのがおすすめです。

試験は毎年数回あり、3級も2級も試験時間は2時間です。
それぞれ試験時間が違い重ならないので、連続で受験することも可能です。
3級と2級の受験資格は特になく、1級は2級合格者が受験できます。
1級となると、法務関係の知識を、より深く得られるので、2級合格後は、さらに知識を得たいならば、受験するのが良いでしょう。

試験の申し込みは2ヶ月ぐらい前に行うので、申し込み期間を過ぎないように、早めに申し込むと良いでしょう。
受験料がかかりますが、級が上がるほど受験料は高くなり、3級と2級を1日で受けるならば、それぞれの料金を支払います。